社内報のデザイン(企画・おしゃれな表紙)見本 レイアウト・デザイン発注について 第一企画株式会社

「社員に見てもらえる社内報を作りたいけど、どんなデザインにしたらいいかわからない」そんな方へ。社内報のデザインは第一企画株式会社にお任せください。高い制作力を持つスタッフが、おしゃれな表紙と最適なレイアウトで「社員が興味を持つ」高品質な社内報を制作します。

こちらでは、社内報のデザインにお困りの方のために、第一企画株式会社で制作した社内報の見本事例(表紙・企画)と社内報のレイアウト・デザインを発注する際のポイントについてご紹介します。

社内報の表紙見本をご紹介 おしゃれなデザイン・レイアウトなら第一企画株式会社へ

「会社の社内報を制作したいけど、デザインが決まらない」そう思っている方は、第一企画株式会社の表紙見本を参考にしてみてください。

東芝テック株式会社 様

東芝テック株式会社様

東芝テック株式会社様の「てっくぷらざ」という社内報の表紙です。

東芝テック株式会社様はPOSシステムや自動認識システムなどで、店舗・倉庫・オフィス全てをつなぐソリューションを提供している企業です。

第一企画株式会社では社員の方が読みたくなるようなおしゃれなデザインを表紙に取り入れています。写真やレイアウトを独自のノウハウで工夫することで、お客様ごとに最適な社内報を制作していますので、まずはご相談ください。

社内報の企画見本をご紹介 第一企画株式会社がおしゃれなデザイン・レイアウトをご提案

社内報の企画デザインでお困りの方へ。こちらでは第一企画株式会社が手がけたクライアントの企画デザインについて、見本の写真を交えてご紹介します。

東芝テック株式会社 様

デザイン見本01
デザイン見本02

東芝テック株式会社様の特集企画のデザイン見本です。

東芝テック株式会社様では全国のPOSレジユーザーを取材して、お客様の声を社内に紹介する企画が好評です。本誌は「コミュニケーション改善法」と題して、コミュニケーション力を高めるコツを特集しました。イラストや写真、図を入れたレイアウトにすることで読みやすくなっています。この社内報は社員教育にも通じるということから、多くの社員が関心を寄せました。

第一企画株式会社では、社内報の特集企画に応じて様々なデザイン・レイアウトをご提案します。「おしゃれなデザインにしたい」「表紙に企画内容を入れたい」などお客様のご要望も確認しながら制作していきますので、ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

社内報のレイアウト・デザイン発注のポイント 表紙などおしゃれなデザインについて

社内報のレイアウトやデザインは、会社や特集企画によって様々ですが、社内報を発注するときのポイントには共通点があります。会社の社内報の制作をお考えの方は、ぜひ読み進めてみてください。

お客様と編集者の間で「イメージ」を明確に共有する

これは当たり前ですが、社内報を制作するときはクライアントの基本情報を踏まえたうえでレイアウトやデザインを決めていきます。そのため、クライアントと編集者で「イメージ」を明確に共有することが重要です。

例えば、ご要望が「斬新でおしゃれなデザインにしてほしい」という抽象的なイメージの場合、人によって思い描くイメージが異なります。結果的に「イメージしていたデザインと違う」となることが多く、大幅な修正が発生してしまいます。

希望のレイアウトやデザインがある場合は、見本になるような雑誌やラフデザインがあるとスムーズです。デザインが明確に共有できるため、クライアントのイメージ通りの社内報を制作することができます。

表紙のデザインについて

社内報の「顔」ともいえる表紙の基本的なデザインは、「社内報のタイトル」「写真やイラスト」「その他の文字情報」の3つです。タイトルはクライアントに確認しながら、社内報のコンセプトに合うロゴデザインまで決めていきます。

写真やイラストは表紙のイメージを左右する大切なポイントです。そのため、社内報のコンセプトや特集企画に合わせて魅力的な写真を選ぶことをおすすめします。

  • 社内報のコンセプトが「笑顔」「元気」などの場合は「社員が自然に笑っている写真」を使う
  • イメージ重視の場合は「明るさが伝わる色彩豊かな写真(おしゃれな景色など)」を使う など

文字情報は、目玉となる特集企画などを載せるのが一般的です。文字が多いと敬遠してしまう人も多いので、ユーモアのあるキャッチコピーなどを載せると読み手が興味を持つきっかけになります。

特集企画は読者目線で考える

特集企画も「どのようなデザインが読者に楽しんでもらえるか?」と悩む方も多いと思います。基本的な考え方としては、「特集企画で何を伝えたいのか」「読者にわかりやすい伝え方」「誌面イメージ」の3つが大切なポイントです。

例:特集企画で経営者の理念を社員に伝えたい場合

  • 事前に経営者の意向を細かく確認する
  • 「インタビュー形式」や「対談形式」など、理念がより読者に伝わりやすい方法を選ぶ
  • 対談形式の場合は対談する2人の写真を挿入するなど読者が読みやすいレイアウト・デザインを具体的に決める など

このように、社内報のレイアウト・デザインを発注する場合は、事前準備を読者目線で明確に行うと「読者が読みたくなる」魅力的な社内報を制作することができます。

「社内報のデザインは専門的な部分もあるから難しい」という方は第一企画株式会社にご相談ください。プロの目線でお客様に合った社内報のデザインをご提案します。

社内報のレイアウト・デザインは第一企画株式会社へ 表紙などおしゃれなデザインも豊富

社内報のレイアウト・デザインは第一企画株式会社へ。

第一企画株式会社のノウハウを駆使して制作から印刷までの工程を一括で行っているため、お客様の意図に合った社内報を制作することができます。これまでの制作実績を踏まえて、おしゃれな表紙見本やレイアウト・デザインをご提案しますので、社内報の制作をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

社内報のデザインにお悩みなら第一企画株式会社へ

会社名 第一企画株式会社
住所 〒380-0803 長野県長野市三輪1丁目16-17
電話番号(代表) 026-256-6360
FAX 〈3F〉 026-256-6380
FAX 〈2F〉 026-256-6385
FAX 〈1F〉 026-243-0327
URL http://www.d1k-c.jp
e-mail お問い合わせフォームはこちら
資本金 10,000,000円
代表者 小林 隆
設立 昭和63年(1988)11月1日
従業員数
13名
ほかにパートナー・社友、在宅登録者(ライター・編集・校正・入力・組版)
ISMS ISO27001/ISMSを取得(平成25年6月)
アクセス
長野電鉄
本郷駅から徒歩7分
長電バス

牟礼線「三輪」バス停から徒歩4分

運動公園線「中央署」または「返目」バス停から徒歩5分