多言語翻訳アプリの特徴・料金のご紹介 第一企画株式会社

「多言語翻訳対応のアプリを使いたいけど、どれがいいかわからない」そう思われる方は、第一企画株式会社オリジナルの「多言語・読み上げ広報配信サービス」をご利用ください。音声読み上げにも対応しているため、効果的な広報活動を行うことができます。

こちらでは多言語翻訳アプリの特徴・料金についてご紹介します。

多言語翻訳アプリ「多言語・読み上げ広報配信サービス」の特徴 従来より料金もダウン

多言語翻訳アプリを用いて会話する女性

会社案内や広報誌、パンフレット、チラシなどのコンテンツは、様々なシーンにおいて欠かせない広報ツールであり、近年のニーズに合わせてより効果を発揮する仕様が求められます。その一つが多言語翻訳です。事業のグローバル化、訪日外国人や外国人労働者の増加などが著しい現代は、多言語での情報発信が必要不可欠。その際、単に翻訳するのではなく、対象読者が正確に把握できるよう最適な表現で伝えることが大切です。第一企画株式会社では、企業の海外展示会、インバウンドでの外国人や国内の外国人生活者などとのコミュニケーション活動をサポートするためのサービスとして多言語翻訳アプリをご提供しています。

第一企画株式会社が運営する多言語翻訳アプリは「情報発信」と「閲覧」2つのツールを活用した翻訳サービスです。この多言語翻訳アプリでどんなことができるのか?

こちらではその特徴をご紹介します。

情報発信ツール

  • 既存の印刷物のデータを活用できる
  • スマホ・タブレット・PCに一括配信を行うことで読者とのタッチポイントが増やせる
  • 9カ国語に自動翻訳

    英語・韓国語・中国語簡体・中国語繁体・タイ語・スペイン語・ポルトガル語・インドネシア語・ベトナム語

  • 自動音声合成で文字情報をもとに音声データを自動生成することができる

閲覧ツール

  • ユニバーサルデザインフォントと文字の拡大機能を搭載

    「読みやすさ」にこだわっている

  • 自動音声読み上げ機能で聴覚のアクセシビリティにも配慮している
  • 10言語での閲覧・視聴でユーザーに最も近い言語で配信可能

    日本語・英語・韓国語・中国語簡体・中国語繁体・タイ語・スペイン語・ポルトガル語・インドネシア語・ベトナム語

  • Twitter・Facebook・LINE・メールなどのSNSで家族・友達などに気軽にシェアできる

さらに、多言語翻訳にかかるコストの削減にもつながります。例えば、翻訳会社に多言語翻訳を依頼した場合、要望のヒアリングや言語に応じた人員配置など、様々な作業が必要です。翻訳の質を高めるうえで必要な一方、思った以上にコストが跳ね上がることもあります。翻訳コストがかかり過ぎると、他の業務にリソースを割けられません。多言語翻訳アプリなら機械翻訳で翻訳されるため、人力翻訳にかかっていた人件費を削減できます。

その他にも、制作や印刷料金などのコストも抑えられます。従来の予算よりも低料金でご利用いただけるので、ミニマムコストで広報活動などを始めることができます。

各コンテンツの多言語翻訳を後回しにしたことで、グローバル市場の見込み客を逃した…という事態は避けたいものです。多言語翻訳アプリの活用をお考えの方、海外ユーザーの取りこぼしを防ぎたい方、グローバル事業の展開に向けて多言語翻訳が必要な方は、第一企画株式会社へご依頼ください。

ご利用料金について

第一企画株式会社はこれまで、官庁・自治体や企業・団体・学校など、幅広い業界の印刷物の制作に携わってきました。確かな制作力を活かしながら、お客様のご要望に沿って印刷物の電子化や多言語翻訳、読み上げなどをサポートします。第一企画株式会社が運営する多言語翻訳アプリ「多言語・読み上げ広報配信サービス」のご利用料金について説明します。仕様は様々ですので、ご利用の際は個別にお見積もりさせていただきます。

「多言語・読み上げ広報配信サービス」 ご利用料金

※金額は消費税別

データ作成料(初期費用)

コンテンツ全体のポップアップ数 基本料金 ポップアップ単価
100個未満 5,000円 100円
100~500個 80円
500個超 50円

〈計算例〉

  • H村広報誌(A4判・32頁)   → 約800個×50円+5,000円=45,000円
  • N市ゴミパンフ(A4判・24頁) → 約1,200個×50円+5,000円=65,000円
  • N市ゴミカレンダー(A2判)  → 約400個×80円+5,000円=37,000円
  • 書籍抜刷り(A5判・12頁)  → 約50個×100円+5,000円=10,000円

月額配信料(1コンテンツあたり)

サイズ 基本料金 頁料金
(1頁あたりの単価)
言語加算(日本語を除く)
1言語あたりの頁単価への加算額
B5判未満 800円 100円 100円
B5・A4判 1,000円 200円
A4判超 2,500円 300円

※年4回以上発行の定期刊行物の場合、16頁までの頁単価は基本料金に含みます。

〈計算例〉

  • A4判24ページの広報誌で日本語を除く5言語の場合

    基本料金1,000円+頁料金(200円×8頁)+言語加算(500円×24頁)=14,600円

  • A4判8ページの会社案内で日本語を除く3言語の場合

    基本料金1,000円+頁料金(200円×8頁)+言語加算(300円×8頁)=5,000円

  • A2判片面のごみカレンダーで日本語を除く5言語の場合

    基本料金2,500円+頁料金(300円×1頁)+言語加算(500円×1頁)=3,300円

  • 四六判32ページの書籍で日本語を除く1言語の場合

    基本料金800円+頁料金(100円×32頁)+言語加算(100円×32頁)=7,200円

配信サーバー設置

  • 容量   … 10GBまで
  • 配信機能 … アップロード、公開・閲覧有効期間設定、テスト公開機能、プッシュ通知機能 など
  • ログ解析 … 閲覧時間分析・検索文字列分析・端末分析・閲覧場所分析 など
  • プラン  … 年間利用料金120,000円

多言語・読み上げ広報配信サービスの料金体系は、初期費用に当たる「データ作成料」とランニングコストとなる「月額配信料」からなります。また配信頻度の高い自治体様には、月額配信料の代わりに、配信と解析ができるサーバーを設置されることをおすすめします。

翻訳サービスの内容など、多言語翻訳アプリの詳細は下記を参考にしてみてください。

多言語翻訳アプリのことなら第一企画株式会社へ 料金・サービスなどご質問はお気軽に

多言語翻訳アプリの料金に関するご相談は第一企画株式会社へお任せ!

第一企画株式会社が運用する多言語翻訳アプリ「多言語・読み上げ広報配信サービス」のビューアプリ「Catalog Pocket(カタポケ)」は2015年にグッドデザイン賞を受賞しました。

「カタポケ」はフォントもUD書体を使用し、世界中の老若男女に対して「伝える」ことを意識したデザインです。ネットがない環境でも利用できるなど、観光客の利用環境を意識した設計となっています。

また、低料金で効率的な広報活動が行えるので、これまでの予算を他の分野にまわすことも可能です。多言語化にかかっていた料金を抑えつつ、広報活動・求人採用・インバウンド向け施策などに取り組める多言語翻訳アプリのことなら、第一企画株式会社へお任せください。

多言語翻訳アプリのお問い合わせはこちら

会社名 第一企画株式会社
TEL 026-256-6360
E-mail お問い合わせフォームはこちら
担当 広報ソリューション係 柳沢・新井・西沢

多言語翻訳アプリ(特徴・料金など)のご紹介

こちらでは、一般に提供されている多言語翻訳のアプリをご紹介しますので、参考にしてみてください。

主な多言語翻訳アプリ

アプリ名 VoiceTra
提供会社
  • 情報通信研究機構(NICT)
  • 先進的音声翻訳研究開発推進センター (ASTREC)
対応言語 日本語・英語・中国語・韓国語・タイ語・フランス語・インドネシア語・ドイツ語・スペイン語・イタリア語・ロシア語 など31言語
特徴
  • 話したことを翻訳できる
  • シンプル画面で操作が簡単
  • 翻訳結果が正しいかわかる
  • 海外でも利用可能(ただしデータ通信料がかかる) など
料金 無料
URL http://voicetra.nict.go.jp/index.html
アプリ名 こえとら
提供会社 株式会社フィート
対応言語 日本語・英語
特徴
  • 音声で入力ができる
  • 文を音声で伝えることができる
  • 絵文字で感情や季節を表現できる
  • 聴覚に障がいのある方が街中で健聴者と会話をするときに便利 など
料金 無料
URL https://www.koetra.jp/index.html
アプリ名 SpeechCanvas
提供会社 株式会社フィート
対応言語 日本語の音声入力
特徴
  • 音声と筆談で会話がスムーズ
  • 指で簡単に修正できる
  • 電波の届かない場所でも使える
  • 聴覚に障がいのある方が訪れる店舗などに設置して使用する など
料金 有料
URL http://www.speechcanvas.jp/index.html
アプリ名 VoiceBiz
提供会社 凸版印刷株式会社
対応言語

【音声翻訳】

  • 日本語⇔中国語・韓国語・インドネシア語・ミャンマー語・タイ語・ベトナム語 など11言語

【テキスト翻訳】

  • 日本語⇔英語・中国語・韓国語・台湾華語・イタリア語・デンマーク語・ドイツ語・フランス語 など30言語
特徴
  • 国産の高精度翻訳技術を採用
  • 固有名詞と定型文を登録してカスタマイズ
  • 少数から利用可能 など
料金

【初期費用】

  • 100,000円(税抜)

【1台あたり利用料】

  • 5,000円(税抜)
URL https://www.toppan.co.jp/solution/service/VoiceBiz.html
アプリ名 talkappi
提供会社 株式会社アクティバリューズ
対応言語 英語・中国語簡体・中国語繁体・韓国語・タイ語
特徴
  • オフラインでも動作可能
  • 低コストで利用可能
  • 災害緊急放送機能
  • 会話の履歴を印刷できる など
料金 有料(カスタマイズ費用無料)
URL https://talkappi.com/app/
アプリ名 はなして翻訳
提供会社 株式会社NTTドコモ
対応言語

【対面】

  • 英語・中国語・韓国語・イタリア語・インドネシア語・タイ語・スペイン語・ドイツ語・フランス語・ポルトガル語 など

【電話】

  • 英語・中国語・韓国語

【うつして翻訳】

  • 英語・中国語・韓国語・イタリア語・スペイン語・ドイツ語・フランス語・ポルトガル語
特徴
  • 母国語同士でコミュニケーションが可能
  • お互いの言葉に続いて翻訳した言葉を伝えることができる
  • 海外旅行のフレーズとビジネス向けフレーズを切り替えて利用可能
  • ドコモ以外の端末でも利用可能 など
料金 月額使用料無料
URL https://www.nttdocomo.co.jp/service/hanashite_honyaku/
アプリ名 どこでも翻訳
提供会社 株式会社フィート
対応言語 日本語⇔英語・日本後⇔中国語・日本語⇔韓国語の3バージョン
特徴
  • オフラインで使用可能
  • 逆翻訳結果で翻訳結果の正誤を確認できる など
料金 有料
URL http://www.feat-ltd.jp/service/dokodemo/

7種類のアプリをご紹介しましたが、多言語翻訳アプリにはそれぞれ特徴や料金に違いがあります。比較したうえで目的に応じて最適なアプリを選びましょう。

第一企画株式会社の多言語翻訳アプリ「多言語・読み上げ広報配信サービス」なら10言語対応で「読む」「聞く」の両方からアプローチできるので、自治体や企業の情報発信が身近になります。

インバウンド向け多言語対応翻訳ツールのご相談は第一企画株式会社へ

会社名 第一企画株式会社
住所 〒380-0803 長野県長野市三輪1丁目16-17
電話番号(代表) 026-256-6360
FAX 〈3F〉 026-256-6380
FAX 〈2F〉 026-256-6385
FAX 〈1F〉 026-243-0327
URL http://www.d1k-c.jp
e-mail お問い合わせフォームはこちら
資本金 10,000,000円
代表者 小林 隆
設立 昭和63年(1988)11月1日
従業員数
13名
ほかにパートナー・社友、在宅登録者(ライター・編集・校正・入力・組版)
ISMS ISO27001/ISMSを取得(平成25年6月)
アクセス
長野電鉄
本郷駅から徒歩7分
長電バス

牟礼線「三輪」バス停から徒歩4分

運動公園線「中央署」または「返目」バス停から徒歩5分